塾を休んでも遅れない

一人ひとりのペースに合わせて進む

個別指導塾のカリキュラムというのは、生徒一人ひとりの習熟度に合わせて進んでいきますので、万が一休んだ場合でも勝手に授業が進んでしまうということはありません。休んだ日にやる予定だった授業を次の回にやることになりますので焦ることなく授業を受けることができます。マンツーマン形式の個別指導ならば、わからないことがある場合にはとことんわかるまで教えてくれますから、習熟度の低い生徒の場合にも根気強く講師陣に教えてもらうことが可能です。集団ではイマイチ伸び悩んでいるという生徒さんの場合でも、個別指導でマイペースに授業を受けることで、段々と学力を向上させていける可能性が有りますので、塾を選ぶ際には個別指導もその選択肢の一つに入れてみましょう。

部活とも両立させやすい

学校で部活をやっている場合には、大会などの期間中は塾に行けないということがしばしあります。その場合には集団指導型の場合には知らない間にかなり授業が進んでいるので、部活と両立させるのも難しくなってしまいます。しかしながら個別指導の場合には部活の大会で長い間塾に行けなくても、都合の良い日に授業を受ければ勉強と部活を上手く両立させていけるのです。文武両道の学校生活を送っていきたいという生徒さんの場合にも、個別指導型学習塾ならば学力を向上させられます。きめ細やかなカリキュラムですから中堅校進学は勿論のこと、難関校を目指していきたい生徒さんでも、夢に向かって頑張ることができますので、マンツーマン指導を希望するなら個別指導を選んでみましょう。

中高一貫校は基本的に学校独自の指導スピードが早く、公立校の生徒と同じ集団塾には入れません。そのため、学校の指導スピードに合わせることができる専門の個人指導の中高一貫の塾に通うケースが多くなっています