落ち着いて質問できる

先生とゆっくり話ができるのはメリット

個別指導では落ち着いて質問することができます。集団授業だと手を上げるのが怖いという人でも、気軽に質問できるのです。特に恥ずかしがり屋の人は質問できないことも多いでしょう。そんな人でも、先生に話すタイミングで質問することが可能です。個別指導では先生は生徒に合わせて授業を進めますので、質問があれば授業を進めずに、立ち止まって聞いてくれるのです。先生に質問しやすい環境が整っていることもメリットです。どんどん授業を進める環境では、質問で授業を止めにくいと考える生徒もいます。しかし、生徒が一人であれば、先生も生徒を気遣いながら進めることが可能です。ゆっくり話をしながら授業が進むので、質問を挟むことも可能でしょう。

質問の答えが新たな疑問になることも

質問をすると一回で納得できないことも少なくないです。答えに対して更なる疑問が生まれることもあるのです。実はこの疑問を解決することが理解を深める鍵になることも多いです。もう一回質問をして答えてもらえると、理解が深まることがあります。しかし、二回質問しないと、理解ができないこともあるのです。生徒が理解するまで質問に答えることが重要なのです。生徒の中には何度も質問をしてしまうと、授業の妨げになると考える人もいます。そのような生徒は理解が進まない可能性があります。ただ、個別指導では何度でも質問できるのがメリットです。生徒一人のために先生がいますので、先生はその生徒のために立ち止まることをいとわないでしょう。

高校受験の個別指導形式の塾は、学校の授業の復習や予習中心か、大学受験を見据えた勉強を進めるかのどちらかです。生徒の目的に合わせて授業を進めることが出来るのが個別指導形式の塾の特徴になります。